自宅でホワイトニングならコチラ!

歯を白くする方法

こんにちわ、メグです^^。

 

歯を白くしたいという方は多くいます。私も旦那に指摘されてから、歯を白くしたい!!と猛烈に思うようになりました(笑)

 

自宅 歯 白くする


メグがオススメ!自宅で歯を白くする『薬用ちゅらトゥースホワイト』のレビューページはコチラ

 

私は、研磨剤の入った歯磨き粉は使っていませんが、最もわかりやすいモノとしては研磨剤の入ったヤニ取りとか、アパガードとかそういった歯磨き粉で毎日歯を磨くとかを思い浮かべるかもしれません。

 

 

勿論、コチラのページに書いているように、クリニックで施術するホワイトニングという方法もありますので、沢山の方法がある事が分かります。このページでは、歯を白くしたい方へ向けて、どういった方法があるのか、、という所を調べて書いていきたいと思います。

 

 

歯が黄ばむ原因とは?

 

そもそも、私達の歯は、タバコだけではなく、色々な要因によって黄ばみ、黒ずみ、くすみが出来ます。

 

 

それは、毎日の食事においてもそうです。ワインを飲むと歯に色がついたり、歯に色が付くお菓子などもありますよね(子供がよく食べてます、、笑)

 

 

これをみたら分かるように、普段の食事においても多少なりとも歯に色が付いている状態なのです。もちろん、研磨剤入の歯磨きを使って、その汚れは表面上取れるのですが、それは車で言えばコンパウンドでこすっている感じです。

 

 

つまり、歯の表面自体には無数の傷が付いている状態になり、長い目で見るとかなりの傷が付き、その傷にどんどん黄ばみの原因が構築されていく悪循環になります。

 

 

私も最初はアパガードを使って歯を白くしようと思っていたのですが、研磨剤入りの歯磨き自体が良くないという事を知り、使うのを辞めました。

 

 

研磨剤入りの歯磨き粉で歯を磨くと、歯本来の白さになりますが、ホワイトニングという概念とは違ってきます。

 

 

ホワイトニングは薬剤などを使い歯を白くするのですが、歯を白くするという意味合い自体が『清原、新庄、ハリウッドセレブ』みたいな本当に真っ白の歯にするのか、あるいは黄ばみ、黒ずみを取り、歯本来の自然な白さにするのかにより全く変わってきます。

 

 

私にとっての『歯を白くする』という部分は、ちゃんと歯本来の白さを取り戻して、キレイな笑顔が出せる歯にする事でしたので、自宅でホワイトニング剤を使って目的が達成できました。

 

自宅 歯 白くする


メグがオススメ!自宅で歯を白くする『薬用ちゅらトゥースホワイト』のレビューページはコチラ

 

色々と手法がありますし、タダで出来ることからクリニックのホワイトニングまで、歯を白くする方法は多岐に渡りますので、どういった目的によって取り入れるのかを決めてみましょう^^。

 

研磨剤入りの歯磨き粉を使う

 

 

今、アマゾンなどでは多くの研磨剤入りの歯磨きがあります。ヤニ取り専用から歯を白くするホワイトニングというかクリーニングというか、そういった歯磨き粉ですね。

 

 

やはり、一番簡単で面倒ではない、ホワイトニングといえば!!という知名度的なモノからすれば、歯磨き粉というのは一番身近ですね。

 

 

ザクトなどのヤニ取り歯磨き粉、または、ホワイトニング専門のアパガードなどの歯磨き粉、色々とありますが、殆どの場合が研磨剤入りで表面の汚れを落とすという感じで捉えていればいいかなと思います。

 

 

厳密に言えば成分などは違うでしょうが、アパガードやザクトなどは歯の表面の黄ばみをこすって落とすという感じで捉えるイメージですかね、、

 

 

研磨剤入りの歯磨き粉の場合、短期のスパンで見れば歯の黄ばみ、黒ずみ(ヤニ、茶渋など)を取り、白くする(本来の歯の状態)事は出来ます。

 

 

しかし、研磨して汚れを取っているので、長い目で見た場合歯に傷を付けているために、汚れがつきやすい溝が出来る可能性があります。ですので、研磨で歯の汚れを落とすというのはあまり長く続けるべきではありません。

 

歯の白くなる食べものを食べたり、利用する

 

 

これが無料で出来る方法ですけど、私は正直面倒だし恥ずかしいというかなんというか、、乗る気にはなれませんでした^^;

 

 

歯が白くなる食べもの、というよりも、歯、本来の白さにする汚れを落とすものというのがいいかもしれません。

 

  • チーズを食べる
  • バナナの皮の裏で歯をこする
  • オレンジの皮の裏の白い所で歯をこする
  • 苺を食べる

 

バナナの裏、オレンジの皮の裏、確かに効果があるという方も多いようですが、正直歯を白くするためとはいえ、なんかあまり気が進まない、、、というか(笑)

 

 

また、チーズは私は嫌いですし、苺は好きですけど、毎日食べるほどでもない、、更に苺って結構高いですので、それならホワイトニングをするのとあまりコスパ変わらないし、、、

 

 

確かに安上がりではありますけど、それなら3,000円位ですので、ホワイトニングクリームを使う方が、手間的にも衛生的にもいいような気がしますし、、、

 

 

最初はタダでしようと思っていましたけど、なんか効率考えるとあまり良くないような気がし始めて、殆どしていません^^;というよりも、全く試したことがない(笑)

 

 

急がばまわれというか、先にホワイトニングクリーム購入して使ったので、結果が望み通り出たので試す必要がないという方が正しいかもです(笑)

 

 

バナナの皮をとっておいたり、オレンジの皮をとっておいたりと、家族のいる場合、結構冷たい目線で見られるし(笑)、あと、言い訳もしにくいです。歯を白くするタメとか、、私は勇気がないですね。

 

 

正直ホワイトニングクリームなどを使う選択をすれば、通常のホワイトニングよりも安く、効果も期待できますので、こういったタダでヤるという方法を選択しない様になるという風に言った方が正しいかもしれません。

 

薬用ちゅらトゥースホワイト

 

重曹を使って歯をキレイにする

 

 

タダではないですが、安上がりな方法としては重曹を使う。重曹と水を混ぜて作ります。

 

 

重曹の味自体は、耐えられないという感じではなく、塩っぱい感じです。ですので、耐えることが出来ますし、安上がりという面では一番ですね。

 

 

といっても、私自身試したことがないのですが、、(笑)

 

 

重曹はベーキングソーダとも言います。ベーキングソーダと水を混ぜ、そしてそれを歯ブラシにつけて一週間に一度洗うだけです。

 

 

重曹は歯を白くしたり、色々なものに使えるので重宝します。

 

 

ホワイトニング専用で出ているわけではないですので、ベーキングソーダを使うというのは、あくまでも応用技かな、、私はベーキングソーダ自体も試していません。

 

 

無料とか安上がりとかコスパ重視で歯を白くする事を考えているのであれば、こういった方法も全然ありだと思います。

 

歯のホワイトニングをクリニックで行う

 

 

コスパなどを考えない場合、3〜20万円の間であればクリニックでホワイトニングを行うという手段があります。

 

 

最近では、ヤニ取りなどだけ、結婚式、同窓会野のためだけという風に、歯医者さんでホワイトニングをする人も増えているようです。

 

 

クリニックでのホワイトニングは、効果は3〜6ヶ月で1本3,000円程度ですので、一時的に歯を白くしたいという以外であれば、かなりコスパが悪いですね^^;

 

 

コチラのページでも詳しく書いていますが、ホワイトニングも

 

  1. 自宅で行うホームホワイトニング
  2. クリニックで行うオフィスホワイトニング
  3. ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを合わせたデュアルホワイトニング

 

この3種類があります。

 

 

ホワイトニングの方法としては、専門の薬剤を歯に塗り、そして光照射するのが一般的です。

 

 

ホームホワイトニング、オフィスホワイトニング両方で光照射を行います。

 

 

ホームホワイトニングの場合は、家に機材を購入し(3万〜)マウスピースなどをクリニックで造ってもらって行います。

 

 

ホームホワイトニングの場合、オフィスホワイトニングよりも薬剤が弱い為に、歯が白くなる期間が長くなります。

 

 

でも、コスパ的にはオフィスホワイトニングよりも遥かに良く、数万円かけても歯を白くしたい!!と思われる方は、近くの歯医者さんなどに相談されてみるのもいいと思います^^。

 

 

ホームホワイトニングというだけあって、自宅で出来ます。

 

 

光を当てるので、それだけ時間がかかるとおもいますが、オフィスホワイトニングよりも拘束時間が無いのでオススメかもしれません。

 

当サイトがオススメする歯を白くする方法

 

  • 歯が傷つくので研磨剤は使いたくない
  • ホワイトニングは痛そう、、
  • ホワイトニングは時間がない
  • ホワイトニングは高い

 

という風に思っているようであれば、当サイトでおすすめする方法で、自宅で簡単に白くするのはどうでしょうか?

 

 

歯が白くなる歯磨き粉はあまりオススメ出来ませんし、ホワイトニング自体も、ホームホワイトニング、オフィスホワイトニング共にお金がかかります。

 

 

ですので、やはりオススメは、歯のホワイトニング専用液を使う事です。

 

自宅 歯 白くする


メグがオススメ!自宅で歯を白くする『薬用ちゅらトゥースホワイト』のレビューページはコチラ

 

 

研磨剤で磨くという感覚ではなく、しっかりと磨いていく。そして、普通の歯磨きと同様に磨いていくだけですので、手間という点もかからずにウレシイ部分があります。

 

 

私も旦那に歯が黄色いと言われてかなり傷ついたのですが、ホワイトニングの方法を最初からホワイトニング液を使う事にして、最短で(2ヶ月くらい)歯を白くする事が出来たので、やはり効果としてはオススメ出来ます。

 

 

また、ホワイトニング剤は、殺菌成分、抗菌成分もしっかりと配合されているので、優れた殺菌効果、抗菌効果、口臭、虫歯予防があります。

 

 

また、歯茎にも栄養が行き届くために、加齢による歯周病などの予防にも効果的です。

 

 

ホワイトニング効果を期待するには十分な効果があるホワイトニング液。私は本当にいい結果が出たと思っています。

 

 

ですので、もし、歯を白くしたいけどどういった方法がいいのか、、分からないという方がいれば当サイトがオススメする方法で歯を白くする事を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

歯を白くする方法のまとめ

 

いかがでしたでしょうか、歯を白くする方法。沢山ありますけど、まずは歯を白くする前に、歯が白くならない原因をしっかりと把握して、そこでしっかりと対策を取ることが大事ではないでしょうか。

 

 

私がオススメしているこの『薬用ちゅらトゥースホワイト』に関しても、歯を白くする方法の1つですけど、出来るだけ歯に黄ばみがつかない方法を取る方が、これから歯を白くする方には面倒ではないと思っています。

 

 

歯を白くしたとしても、歯は毎日汚れて黄ばんでいく為、定期的に歯を白くする方法を取らないとどんどん又、素の歯の状態へと戻っていきます。歯医者のホワイトニングについても、金額が高いですがオフィスホワイトニングやホームホワイトニングがあります。

 

 

そのホワイトニングをしていれば歯が白くなった状態がキープ出来ると思っている方もいるかもしれません。でも、歯が白くなるというのは一時的にケアをしているからに過ぎません。

 

 

日々の汚れは構築されていくので、歯はドンドンと汚い状態になりますし、また、自分の歯の汚れは自分自身では気づかない。という事も覚えておかないといけません。

 

 

自分では『この前ホワイトニングしたから、もうしばらくは大丈夫、あんなに高いお金と痛い思いをしてホワイトニングをしたんだから、簡単に歯が汚くならない』と思っているかもしれません。

 

 

しかし、毎日構築している歯の汚れをしっかりと認識して、歯は汚れて当然という気持ちを持ち、ホワイトニング対策をするという所が大事です。ホワイトニング対策は、タダで出来る方法(あまり期待は出来ませんが、、)や、歯医者で行う方法、また私の様にホワイトニングジェルや液を使う方法があります。

 

 

それぞれ試している方も多いと思いますが、やはり自分の時間や手間、また性格に合ったホワイトニングの方法を取る方が、絶対に歯が白くなる可能性があります。

 

 

何万円も出してホームホワイトニングをしたとして、1日数時間、長い期間機材の前で光を当てることが面倒だったり、時間がなかったりしたとしたら、そのホワイトニングは効果がない方法だといえるでしょう。

 

 

私は面倒くさがりで主婦で働いているので時間がないので、そういった事をする事自体が不可能です。更にホワイトニングにそんな金額自体出したくないし(笑)

 

 

ですので、それぞれが自分に合ったホワイトニングをするというのが、一番理にかなっている方法だと言えるでしょう。

自宅で歯を白く!