自宅でホワイトニングならコチラ!

歯を黄ばませる習慣、歯を白くする歯磨きについて

こんにちわ、メグです^^。

 

 

歯を白くする為には、普段の歯磨きは勿論、日々の生活での注意が大事です。加齢や毎日の食生活によって歯はどんどん黄ばんできたり、黒ずみが出来たり、とにかくホワイトニングをしたからおしまいというのではなく、日々の生活でもしっかりと意識することが大事です。

 

 

このページでは、歯を白くする毎日の歯磨きに加え、歯を汚くする食べものなどを紹介していきたいとおもいます。もし、ここで書いているモノを良く口にする様であれば、自分で歯を汚くしたり、歯を黄ばませたりする方向に向かっているという事になりますので、しっかりと意識してくださいね。

 

 

歯を汚くする食べものや飲み物について

 

コーラなどをちびちび飲むことで、歯がとけたりする事があります。また、お茶、コーヒー、紅茶なども、歯に色を付けるモノとして有名です。

 

 

歯を黄色くする食べものとしては、やはりカレーです。ターメリックを中心にしているモノは、特に歯に付着しやすく、歯を黄ばます為に、色が濃くなり歯に染み込みやすくなります。

 

 

 

また、タンニンが含まれているものは、全て歯に付着します。赤ワインやブルーベリーなどが典型的なものであり、ワインやブルーベリーを口にする事で、濃い色が着色する為に注意してください。

 

 

あと、着色料が含まれている食品は、歯にも着色します。

 

 

コーヒー、紅茶、赤ワイン、烏龍茶、コーラ、ココアなどは、歯が汚くなる、歯に色がつきやすく成る代表的な飲み物です。

 

 

また、食べものも、カレー以外でも沢山歯に色が付くものがあります。

 

 

ソースなどの調味料なども、歯に色がつきやすいものです。ケチャップや黒酢、ブルーベリー、キムチ、たくあん、チョコレート、ウコンなど。

 

 

こういった食べモノを毎日交代で食べるという感じが人間ですから、基本的には毎日の食べもの、食事によって歯に色がついていくという事が分かります。

 

 

酸性の食べものにも注意が必要です。

 

酸性の食べものも、歯のエナメル質を溶かすために、象牙質が透け、歯が黄色くなります。象牙質というのは、生えて来たばかりの時は乳白色ですが、加齢とともに黄色に変わっていきます。

 

加齢によって歯が黄色くなる

 

加齢によって歯が黄色くなるのも、こういった理由があります。ホワイトニングなどを意識しないで、普段の食事を重ねているだけでも、普通に歯がどんどんと黄ばんできたり、くすんできたり、黒くなってくるのです。

 

歯を乾燥されると黄色くなる?

 

また、歯が汚くなる、黄色くなるのは、乾燥させることでも起こってきます。

 

 

寝ている時に口呼吸をしている人、歯並びが悪くて唇がちゃんと閉まらない人。こういった人は、常に歯が乾燥している状態です。

 

 

こういった場合は、普段以上に歯が黄色くなる為に注意が必要です。

 

 

また、こういった事以外にも、タバコは当たり前にステインがつきやすい。ヤニは歯が黄ばむ、歯が汚くなる最も重大な原因ですので、タバコは出来るだけ吸わない。こういった注意をしておく必要があります。

 

歯に歯石がついていると黄色くなる?

 

口には沢山の細菌が生息しています。この細菌は食事の中にある糖分をエサにしていて、細菌の塊を作り、どんどん口の中で増殖しています。

 

 

この細菌の塊に、唾液などが混ざり、歯に沈着します。そして、この沈着したものを歯石といいます。歯石を取ることで歯が白くなりますので、歯石が溜まっているかどうかを調べてもらうといいでしょう。

 

歯のステインは歯磨きだけでは取れない

 

紅茶、コーヒー、ワインなどのステインによって、歯が汚く、黄ばんで見えるのですが、このステインは、歯磨きだけではキレイにすることが出来ません。

 

 

私たちは、ネイリストに爪をキレイにしてもらったり、また、髪も美容師にキレイにしてもらったりしますが、そういった感じで歯医者さんでキレイにしてもらうというホワイトニングという手段もあります。

 

 

しかし、ホワイトニングの場合、金額も時間もかかるので、なかなか躊躇する方が多いと思います。コチラのページに詳しく書いていますが、ホームホワイトニングという手段を取っても、やはりお金がかかります^^;

 

とは言え、ホワイトニング歯磨き粉では歯が削れる??

 

通常の毎日の歯磨きによって、意識をすれば歯を白くすることも可能です。

 

 

歯の黄ばみ、歯のくすみ、歯の黒ずみというのは、毎日の生活によって蓄積されるものですので、日々の歯磨きこそ大事です。

 

 

しかし、普通の歯磨き粉を使っていても、ステインの汚れなどは絶対に取れません。私はホワイトニング自体がお金もかかりますのでしませんでした。

 

 

しかし、歯磨きで歯をキレイにしたいと思っていたので、歯磨き粉でホワイトニング歯磨き粉を使えばいいかなと思っていたのですが、コチラのページで書いているように、ホワイトニング歯磨き粉は基本的には研磨剤が入っています。

 

 

今、研磨剤はミクロ粒子まで小さくなっているので、明らかに傷が付くという事はありませんが、いくら小さくなっていると言っても、少しずつ歯を削っているのは明確です。

 

 

アメリカでは、過酸化水素入りの歯磨き粉もありますが、過酸化水素は劇薬ですので、歯磨き粉に入れる場合、どうしても少量になるため、効果としては微妙らしいんですね^^;

 

 

粒子が細かいもの、また、研磨剤以外でも歯が白くなる成分が入っているものであれば、ある程度の効果が期待できますし、歯が削れすぎるという心配も無いと思いますが、私としては出来る限り自分の歯が削れる可能性があるホワイトニング歯磨き粉は使いたくないというのが気持ちですね、、

 

ホワイトニングクリームやジェル

 

今、私が勧めているのは、自宅でも歯が白くなるホワイトニングのクリームやジェルです。

 

 

これは、毎日の歯磨きで付けて使えるという所が、スゴく簡単でオススメです。ホワイトニング歯磨き粉の様に歯の表面を傷つけて白くするのではなく、汚れを浮かせて取る成分によって歯を白くするのです。

 

 

歯医者さんでホワイトニングをするのは面倒な方は、ホームホワイトニングという方法もありますが、コチラのページで書いていますがやはりコスパが悪いですし、光照射をする時間がかかりますので、時間も取られます。

 

 

オフィスホワイトニングよりも時間はかからないし、コスパもいいですけど、それはオフィスホワイトニングよりもというだけであり、やはり、家の歯磨きで歯を白くする方法よりも明らかにコスパも時間も掛かりますし、、、

 

 

ですので、

 

  • ホームホワイトニングはお金がかかるのでイヤ
  • ホームホワイトニングは光照射で時間を取られるのでイヤ
  • オフィスホワイトニングは更にお金がかかるのでイヤ
  • ホワイトニング歯磨き粉は歯を削るのでちょっと不安

 

 

という方であれば、ぜひともホワイトニング専用のジェル、液を使う事をオススメします。

 

自宅 歯 白くする


メグがオススメ!自宅で歯を白くする『薬用ちゅらトゥースホワイト』のレビューページはコチラ

 

歯を白くする歯磨きの方法について

 

そして、歯を白くするために行う歯磨きですが、研磨剤が入っているホワイトニング歯磨き粉を使わず、ホワイトニングの液、ジェルを使って、通常の歯磨きをするだけです。

 

 

電動歯ブラシを使ったほうが、私は汚れが取れる気がしますので使っています^^。

 

 

研磨剤で表面の汚れを取るというよりも、浮かせて汚れを取っているので、歯がつるつるしている感じを味わえます。

 

 

私も以前、研磨剤入りのホワイトニング歯磨き粉をずっと使っていたことがあるのですが、どうしてもザラザラした感じがあって抵抗がありました。

 

 

でも、本当にホワイトニング液の場合、かなりツルツルした感じで使えますのでスゴくお気に入りです^^。

 

 

歯を白くする効果的な歯磨きをするには、やはりホワイトニングに特化している液を使って毎日する事が一番かなと思います。

 

 

普通の歯磨きと同様で

 

  • 液をつけて洗う
  • 通常通りよりも念入りにマッサージするように磨く

 

 

だけで大丈夫です。

 

 

ホワイトニングをするのはお金がかかるという方は、ぜひともホワイトニングクリームを使うことをオススメします。

 

 

研磨剤を使う必要なく、しっかりと歯を白くする方法ですので、もし悩んでいるのであればオススメします。

 

 

 

 

自宅で歯を白く!