自宅 歯 白くする方法

自宅でホワイトニングならコチラ!

ホワイトニング液、ホワイトニングジェルのメリットです

こんにちわ、メグです^^

 

私がオススメしているのが、ホワイトニング出来る液です。

 

自宅 歯 白くする


メグがオススメ!自宅で歯を白くする『薬用ちゅらトゥースホワイト』のレビューページはコチラ

 

自宅で簡単に気軽にホワイトニングが出来る

 

クリニックでするホワイトニングや、研磨剤入りの歯磨き粉を使うことは、私はオススメしません。手間、資金、そして歯のためを思ったら、効果も高いホワイトニング液をオススメします。

 

ホワイトニング液ってどういったもの??

 

 

ホワイトニング液はお口の美容液と言われています。後でも出てきますが、マニキュアなどもありますが、ホワイトニング液を使って歯磨きをすることで、歯の黄ばみをなくし白くして、歯茎の病気の予防、口臭予防をする事が出来ます。

 

 

また、ケミカル要素もなく毎日、口に含んでも問題が無いように自然由来成分を使っている商品ばかりです。

 

ホワイトニング歯磨き粉が、研磨剤で歯の表面の汚れを壊して白くする方法とは違いホワイトニングの液(ジェル)は

 

  • 歯に付着したステイン(着色汚れ)、食べ物、タバコの汚れがある
  • ポリリン酸やピロリン酸などの汚れに強い成分を含んでいるため浮かせて落とす
  • その他の汚れにも効果がある成分で更に色を白くする、そして汚れを落とす
  • 歯のコーティングを日々行う

 

こういった方法で、自宅の毎日の歯磨きで、歯を白くするのです。

 

歯の黄ばみ、歯の汚れは日々の生活、また、加齢によってもどんどんひどくなるので、毎日の歯磨きの際に行うホワイトニングで、白さをキープ出来るのも嬉しい所です。

 

ホワイトニングジェルのいいところとしては、

 

  1. 歯ブラシにホワイトニング液をつける
  2. 3〜5分ブラッシングして水でゆすぐ

 

という簡単なやり方で歯が白くなるという所です。

 

日々の簡単な手入れで歯の黄ばみの素のステインをしっかりと吸着、除去することができ、更に歯をコーティングしてくれるという所です。

 

目的となる『歯の白さ』という部分では、クリニックなどのホワイトニングの方法じゃないと目的が達成出来ないという方もいるかもしれません。

 

しかし、ステインの黄ばみ、また、タバコの黄ばみ、食事での黄ばみなどを取り、本来の歯の白さを引き立たせるのであれば、ホワイトニング液、、ホワイトニングジェルでも十分可能です。

 

ホワイトニング液(ジェル)とホワイトニング歯磨き粉の違い

 

 

ホワイトニングジェル、ホワイトニング液などの液体と、通常のホワイトニング歯磨き粉の違いですが、ホワイトニング歯磨き粉は研磨剤で歯を削るという所です。

 

歯を白くする、歯の黄ばみを取るという部分では結果は一緒だったり、短期的にはホワイトニング歯磨き粉の方が効果が高いと感じる方もいるかもしれません。

 

しかし、研磨剤で歯を削るという事は、長期的に見ると歯に汚れが着色し易い状況になっている可能性があるのです。

 

つまり、ホワイトニング歯磨き粉と比べると

 

  • 手間やコスト的には大した違いは無い
  • 研磨剤で削る方法ではなく、汚れを浮かし、コーティングで歯を白くする

 

というところが私がオススメするポイントです。

 

ホームホワイトニングとホワイトニング液(ジェル)との違い

 

 

ホワイトニングとして有名な方法は、クリニックで照射する方法ですが、自宅で歯を白くする場合、クリニックでもホームホワイトニングという方法があります。

 

これは、こちらのページにも詳しく書いていますが、ホームホワイトニングにしても、オフィスホワイトニングにしてもまず、歯医者やクリニックでの診断が必要という所は面倒な所です。

 

一方、歯の研磨をせずに自宅でホワイトニングが出来るホワイトニング液、ホワイトニングジェルの場合、普段の歯磨きと一緒に使用しながら歯を白くすることが出来ます。

 

ホームホワイトニングの場合でも、自宅でホワイトニングが出来るのは確かですが、

 

  • クリニックでマウスピースを作る為に訪問
  • 自宅で照射を当てる時間が必要
  • 時系列の報告の為にクリニックや歯医者へいく必要がある

 

という面倒な部分はどうしてもあります。

 

また、オフィスホワイトニングと比べると、自宅でするホームホワイトニングは『歯に塗る塗料が薄いので効果が下がる』のが一般的です。

 

それと、値段がホームホワイトニングの場合でも数万円はかかるため、お金の面でも不安がありますよね^^;

 

歯の白さの目標は人それぞれで違いますので一概に言えませんが、手間がかからない、低コスト、効果の面でもホワイトニング液、ホワイトニングジェルというのはオススメです。

 

ホワイトニング液(ジェル)とマニキュアの違い

 

 

歯を白くする方法としては、

 

  • クリニックでのオフィスホワイトニング
  • クリニックで診断し、自宅で行うホームホワイトニング
  • 研磨剤を使ったホワイトニング歯磨き粉
  • 当サイトでオススメしているホワイトニング液、ホワイトニングジェル

 

があります。

 

しかし、今注目されているのがマニキュアです。コレは、ネイルと一緒で、歯の表面に特殊な液を塗り、歯を白く見せる方法です。

 

歯のもともとの色は変わりませんが、自分の歯の上からマニキュア同様に色を塗ります。

 

  • 自宅でするマニキュアは一日の効果
  • クリニックなどでするマニキュアは金額が高くなれば5年ほど持つ
  • 歯に白系の色を塗るために、歯が分厚くなる
  • 透明感のある白ではないので、不自然な感じに見える事がある

 

一時的に白くする(例えば、結婚式や同窓会など)場合にはマニキュアは最適な方法だといえるでしょう。

 

しかし、メンテなどを考えた場合、コスパ的にいえば長期的に見ると悪いです。更に、抜本的に歯を白くする方法では無いために、一時的に、その場しのぎ的に歯を白くする方法だといえます。

 

当サイトでオススメしているホワイトニング液、ホワイトニングジェルですが、短期間では白くなりませんが、、歯を傷つけることなく、継続的に使えばどんどん白くなっていくため、マニキュアなどの一時的なホワイトニングと違いコスパや効果も凄く良くなってくるでしょう。

 

ホワイトニングってどういった定義なの??

 

厳密に言えば、『ホワイトニング』と『歯を白くする』というのは違うかもしれません。

 

 

私が思っている歯が白いというのは、自然の歯の白さの事ですが、歯のマニキュアなどの様に不自然な歯の白さを『歯の白さ』と思っている方もいるかもしれません。

 

 

ホワイトニングという部分においては、受け止め方が違うと思うのですが、基本的に『歯の黄ばみや汚れを取り、ステイン汚れを取り、歯本来の白さを出す』というのがホワイトニングという定義でもいいかもしれませんね。

 

自宅じゃなく『歯を白くする方法』のデメリット

 

自宅以外で歯を白くする方法としては、オフィスホワイトニングなどの歯医者さんで審美の観点から治療する方法や、歯のマニキュアという部分で歯の表面を白くする方法があります。

 

 

では、自宅以外のホワイトニングってどういったデメリットがあるのでしょうか。私はなぜ自宅で歯を白くする事を選んだのか、、、私にとって大きな欠点が二つありました^^;

 

コスパが高い

 

 

何を置いてもココです(笑)。お金が高い!!高すぎ。

 

 

確かに、数万円出して歯をキレイにするという選択もありますが、出来れば安い方がいいのは主婦の心情です。

 

 

最初、研磨剤が入っていることを知らずにホワイトニング歯磨き粉を使っていたのですが、それを使うにしても普通の歯磨き粉よりも高かったので躊躇してたのに、、^^;

 

 

それの何百倍もかけて歯を白くするなどの選択が無かったのが現状です。

 

 

ですので、お金が高いという部分において、私はホワイトニングを選ばなかったのですが、お金という部分をクリア出来る方、また、後で出てくる面倒ではない方は、ホワイトニングをクリニックで行うという選択もアリです。

 

 

ホワイトニングについても、歯を自宅で白くするホームホワイトニング、そして、クリニックでの施術となるオフィスホワイトニングがありますが、いずれにしてもコスパ的に言えば、自宅で歯を白くする方法に比べると雲泥の差があります。

 

>>ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの違いについて|歯を白くする

 

手間がかかる

 

 

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングのページにも書いたのですが、ドチラにしても手間がかかります。

 

ホームホワイトニングにしても、自宅でホワイトニングをする前には、クリニックに行き診断、相談、歯型などをしっかりと取り、そして照射をする機材の前でじっとしていないとダメです。

 

オフィスホワイトニングの場合、更に手間がかかります。更に、ホームホワイトニングにしても自宅で照射をしたあとでも、定期的に診断をしないとダメですので、どうしても時間がかかるものです。

 

また、ホームホワイトニングを行ったとしても、どうしても液体を歯に塗り、じっとする時間が取られるのです。

 

オフィスホワイトニングでは尚更。

 

ですので、ホワイトニングは手間がかかってしまいます。自宅でホワイトニングをする方法も、自宅で機材を購入し、クリニックでメンテナンス、マウスピースの作成をする必要があるので、どうしても手間がかかるんですね。

 

私は子育てもしてますし、仕事もしていますし歯を白くする為に時間やコストを出来るだけかけたくないというのが心情なんです^^;

 

そういった意味では、クリニックで行うホワイトニングというのは、金額にしても手間にしてもかなりのデメリットがあるというのが本音なんですね。

 

ですので、ホワイトニングをしたいとしてもクリニックで受けるものは面倒だしお金がかかるからしたくないというのが結論だったのです。

 

そういった意味では、クリニックでしてもらうホワイトニングというのは、時間やお金の面から言えば、私には向いていませんでした^^;

 

ホワイトニング歯磨き粉

 

自宅でホワイトニングをしたいと思って、歯医者やクリニックがオススメする『ホームホワイトニング』を選択する事は資金と面倒な面で無かったのですが、そうすると自宅で歯を白くする方法としてはホワイトニング歯磨き粉を使う以外の方法がないのです。

 

 

ですので、ホワイトニング歯磨き粉についていろいろと調べたのですが、ほとんどのホワイトニング歯磨き粉が研磨剤入りという事で、歯の表面を削って白くする方法らしいのです。

 

 

つまり、表面凸凹にする感じですので、結果的には歯が黄ばんでしまう事があるのです。そういった意味では表面的には歯が白くなるかもしれませんが、長い目で見ると歯が汚くなる、歯のために良くないという事がわかったのです。

 

 

コチラのページに詳しく書いていますが、ホワイトニング歯磨き粉については、基本的に歯を削る方法がとられるために、どんどん歯が削れていくイメージでみてください。

 

 

歯がドンドン削られてる状態であれば、見た目の歯がいくらキレイでも結果的にはいい結果ではないのです。

 

メイクや口紅の塗り方や色でも見た目が変わる

 

あと、歯が白くなるという訳ではありませんが、普段のメイクの仕方でも歯を白くみせる事が出来るという事を知っていますか?

 

 

真っ赤な口紅を使うこと、唇の輪郭をしっかり付けて口紅を塗ることで、コントラストで通常のメイクよりも歯の白さが目立つようになるのです。

 

 

オレンジ系の口紅などは歯が黄色くなるのですが、赤系などを使うことで、歯の白さを通常よりも目立たせることが出来るという事を知っておきたいですね^^。

 

 

私も、意識してコントラストがしっかりと出る口紅を使うことで、歯の白さが目立つ気がします。メイクを変えるだけ、口紅を変えるだけでも歯の黄ばみを抑え、白くみせることが出来るのですから、早速試すべきですね(笑)

 

 

案外思った以上に歯が白く見えるので、びっくりした記憶があります^^。

 

トータル的にはホワイトニング液やホワイトニングジェルがオススメ

 

私がおすすめしている、ホワイトニング液、ホワイトニングジェルのいい所は、歯の黄ばみを浮かせて取り、コーティングする、そして簡単であるという事です。

 

自宅 歯 白くする


メグがオススメ!自宅で歯を白くする『薬用ちゅらトゥースホワイト』のレビューページはコチラ

 

色々な方法がありますが、おそらく歯を白くする為に必要な事は限られているはずです。

 

 

歯のマニキュアや、メイクで白くみせるというのは、ある意味その場しのぎで歯を白くするだけです。

 

 

そうではなく、しっかりとホワイトニングをするのであれば、やはりクリニックや歯医者などでホワイトニングを選択する。

 

 

でも、私のようにホワイトニングに数万、10万超えは出せない、、、面倒だ、、、という方も多いのは間違いないと思います。

 

 

そういった方には絶対にホワイトニング液、ホワイトニングジェルを勧めたいです^^。

 

 

どれ位自分の歯を白くしたいのかによっては、ホワイトニング液やホワイトニングジェルは効果がないと思うかもしれません。

 

 

しかし、手軽に簡単に、しかも研磨剤を使って歯を白くするホワイトニング歯磨き粉とは違い、コーティングしながら歯の汚れを浮かして白くする事が出来るという部分では、試してみる価値は絶対にあります。

 

 

私も歯を白くしたいという気持ちがあり、歯医者のホワイトニングを考えてみたのですが、今ではホワイトニング液を使うことで目的を達成することが出来たので大満足です^^。

 

薬用ちゅらトゥースホワイト

自宅で歯を白く!